店頭買取、出張買取という買取方法の比較


店頭買取、そして出張買取とを比較した場合ですが、この2つの買取方法はどのような違いがあるのかについて紹介します。

店頭買取は、お店に物を持っていって買取をしてもらうというものです。出張買取の場合は、査定をするお店の人が自分の家にやってきてくれるというものです。買取の金額についてですが、店頭買取の場合は、ある程度のマニュアルがあって、値段が一定で決まっていることが多いです。また、ちょっとしたことで値段が大幅に変わる場合もあるのえす。出張買取になると、やはり査定がしっかり行われるということで、金額的に店頭買取と違ってくることがあるのです。

そして、査定に関してですが、終了までにかかる時間には大きな違いがあったりもします。店頭買取の場合は5分程度で終わってしまうこともありますし、遅くとも30分もあれば終わってしまいます。これは、店頭にいるスタッフの仕事を簡略化できるように、査定のルールをしっかり決めているからです。これに対して出張買取の場合だと、時間をしっかりととって査定が行われるため、時間はそれなりにかかってきます。

ちなみに、手軽さに関しては、どちらもそれほどの違いはありません。近くにお店があれば店頭で、買取の品が多ければ出張買取という風に使い分けるのも良いでしょう。